超新作コスメから定番コスメまで多数ご紹介

COSMEYA

脱毛

背中の毛に悩んでいたので脱毛クリニックに行ってみたら凄いことに!

更新日:

みなさんは、背中のムダ毛に悩まされたことありませんか?

夏になると肌を露出する機会が増えるので、困っている方もいらっしゃると思います。背中の毛って意外と目立つんですよね・・・。かと言って自分で剃ることは不可能に近いですし、無理して背中が傷だらけになったら目も当てられません。

そこで、この夏は思い切って脱毛クリニックデビューしてみませんか?

むかしは、怪しい&高額費用だった脱毛業界ですが、現在では料金や施術方法、施術時間などをきちんと公開しているサロンやクリニックがほとんどです。わたしは、ワキに除毛クリームを塗っただけでも痛みが出るほどの敏感肌なので、アフターケアのことも考えて医療脱毛を選択しました。(脱毛サロンが悪いわけではありません)

今すぐ公式サイトをチェックする

 

背中の毛には脱毛クリニックと脱毛サロンのどちらが効果的?

『背中の毛を脱毛しよう!!』と決意してからインターネットや雑誌で調べてみたのですが、脱毛クリニックや脱毛サロンってメチャクチャあるんですね。あまりにも多すぎて正直どこを選べばいいのか分からなくなりました。

そこで、まずは脱毛クリニックと脱毛サロンの違いから紹介しようと思います。みなさんは違いをご存知ですか?

脱毛クリニックの特徴

  • 医師の診察がある
  • 施術は看護師がする
  • 短期間で脱毛できる
  • 一回当たりの費用が高い
  • 強力なレーザーなので肌トラブルになる場合がある

脱毛サロンの特徴

  • 施術はエステティシャン
  • 一回当たりの費用は安い
  • 毛の質や体質により、回数が増える場合も
  • 2~3年かけて脱毛していくイメージ
  • 肌トラブルがあった場合は皮膚科へGO

短期間で背中の脱毛をする場合は脱毛クリニック一択

短い期間で背中のムダ毛の悩みを解決する場合は、医療機関ならではの強力なレーザーで脱毛するクリニックで決まりですね。

脱毛の途中などに火傷などの肌トラブルになった場合も医師がいるので、ある程度は安心です。ただし、お肌の状態や質は千差万別ですので、どうしても医療レーザーが合わない場合は、脱毛サロンに行くことをお勧めします。

クリニックで脱毛するなら美容皮膚科のリゼ(RIZE)がおすすめ

スタンダード月額

テレビCMで有名なリゼクリニック。

そのリゼの特徴を、分かりやすく紹介します。

予約キャンセル料・剃毛料がかからない

リゼクリニックでは予約をキャンセルした際の違約金や、剃毛せずに来院した際の剃毛料がかかりません。他のクリニックや脱毛サロンの場合、剃毛していかなかったら施術してくれない所や、剃毛料として2,000円くらい別料金がかかるところもあります。

また直前キャンセルだと、脱毛一回分が消滅してしまうクリニックやサロンもあります。

自分の毛の種類や体質に合ったレーザー脱毛機を選ぶことが出来る

リゼクリニックでは常時3種類のレーザー脱毛機が設置してあります。

熱破壊式ダイオードレーザー脱毛機

日本人の肌全般に最適とされている、810nmの波長を持つダイオードレーザーを使用。毛根細胞に直接熱を加え、破壊することで効果が高い脱毛機です。

蓄熱式ダイオードレーザー脱毛機

熱破壊式と同じ810nmの波長を持つダイオードレーザーを使用していますので日本人にとって最適です。肌全体に蓄熱させることで、毛の発育指令(バジル領域)を破壊することで効果が得られるものです。

熱破壊式YAGレーザー 脱毛機

1,064nmの波長が長いヤグレーザーを使用し、毛根細胞に熱を直接加え、破壊します。色黒の肌全般に最適とされています。

痛みが苦手な方には麻酔がある

人によってはレーザー脱毛で痛みを感じる方もいらっしゃいます。そんな場合でもリゼクリニックなら安心。別途3,240円が必要になりますが、クリームタイプとガスタイプの2種類の麻酔が用意されています。

レーザー脱毛後の皮ふトラブルは完全無料保証

私が背中の毛の脱毛の際、リゼクリニックを選んだ一番の決め手です。やはり、早く効果が出るレーザー脱毛は皮膚トラブルのリスクが大きくなってしまいます。そんな時でも、医師がいて薬も処方されて完全無料はかなり安心です。

料金形態がはっきりしている

リゼクリニックでは部位別の料金からセット料金、中途解約の違約金まで全て正直に公開しています。せっかく脱毛して綺麗になるのに、料金がはっきりしていないと嫌ですよね。金銭面でも、リゼは安心して脱毛できます。

 

背中の毛を脱毛するなら早いほうがいい。悩んでる時間がもったいない!!

わたし自身、中学生の頃から約7年間、背中の毛の濃さには悩みました。学生時代には金銭的な面で、脱毛クリニックにも脱毛エステにも行けませんでしたし、考える事すら出来なかったので仕方なくカミソリと除毛クリームを塗っていましたが、さすがに背中まではケアできませんでした。

その為、水着を選ぶ時もなるべく背中(肩甲骨の間のところ)が開いていない物を選んでいました。それでなくても、あと15年もすれば、年齢的にビキニや背中が開いた洋服は着れなくなると思うので、背中を含む体毛に悩んでいる方は、早めの脱毛をおすすめします。

公式サイトを今すぐチェックする

-脱毛
-, ,

Copyright© COSMEYA , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.